料金のみで選ぶ

観光以外の点で選ぶのであれば、料金も重要なポイントとなります。合宿免許は基本的に普通の免許取得よりも安く済みますが、その料金はピンからキリまであるのも事実です。安い自動車学校だと20万円を切るプランが用意されていることもありますので、より安い料金を提示している学校を選ぶのも良いでしょう。

料金の話をするのであれば、より安い自動車学校を選んだ上で、浮いたお金を旅行や観光に使うという方法についても紹介しておきたいところです。たとえば他の自動車学校だと22万円かかるところを、その地域なら20万円にまで落とせるとしたら、浮いた2万円を使ってその分旅行を充実させるという考え方も有りでしょう。料金を安く抑える方法としては、この他にも割引制度を利用するという方法もあります。

1万円から2万円もの大幅な割引を受けられることもありますので、割引制度についてはしっかりと調査しておくようにしましょう。割引を受けてお金が浮けば、観光旅行にそのお金を回すことだってできてしまいます。観光も一緒に楽しみたいのであれば、妥協せずに行きたい地域へ行くのも良いですが、料金の問題もありますので、娯楽と費用のバランスを考えておいた方が良いと言えるでしょう。

観光、旅行を踏まえて選ぶ

合宿免許の利点でもある、観光や旅行ができるというメリットから自動車学校選びをするのはとってもおすすめです。通常自動車免許取得には通学の場合だと平均で1ヶ月~3ヶ月、長い人だと半年もかかってしまう人もいます。合宿免許では、通学よりも費用が安い上に最短2週間という期間で取得することが可能です。その短い期間の中で旅行や観光をしている時間は無いのではないかとご心配の方もいるかもしれませんが、心配には及びません。なぜなら、休日が全く無いというわけではないからです。

普通自動車MTでは、教習所に通った場合は卒業までに平均で1〜3ヶ月程度かかりますが、合宿免許では最短14日で卒業できます。教習料金についても、宿泊費や食費が含まれているにも関わらず教習所に通うのと同じ程度かより安いプランも豊富にあります。さらにイベントや観光や温泉など、免許取得だけでなく楽しい思い出も作れるのが合宿免許です。

土日のどちらかは1日休みが入れられる自動車学校が多く、この空いた時間に観光を楽しむことが可能です。また、実際に授業が始まる前や全ての授業が修了されたあとは自由ですので、こういった時間を活用するという方法もあります。たとえば2週間で授業を終わらせて、その後は自分で旅館などを選んで旅行を楽しむといった方法も考えられるでしょう。宿泊費などはより多くなってしまいますが、そこは無礼講、旅行として割り切って楽しめば問題ありません。

観光をメインテーマとして自動車学校を選ぶのであれば、その地域の自然スポットなどをあらかじめ調査しておくと良いでしょう。あるいは学校から少し足を伸ばしてどこかを観光するのも良いでしょう。沖縄ならば海水浴を楽しむといったように、土地土地の有名なスポットを考慮した上で自動車学校を選んでみてはいかがでしょうか。

合宿免許、どう選ぶ?

運転免許を取得するならば、合宿免許を活用するという方も少しずつ増えてきました。合宿免許を利用するメリットとしては、まずは普通の方法による免許取得と比較して料金が割安に抑えられている点、次に友達と一緒に観光なども踏まえた上で必要な講義を受けられる点が挙げられます。一方でデメリットとしては受講の時期や1日のスケジュールが限定されてしまう点が挙げられます。2週間という超短期間で必要な授業を全て受講する必要があるため、1日中自動車学校に居なければならず、他のこともしながら運転免許の勉強もしたいという方にはあまり向かないかもしれません。しかしながら、上記2点のメリットは非常に大きく、大学生や専門学校生ならば活用しない手はない、といったところでしょうか。

さて、合宿免許を利用するのは良いとして、次に悩むことになるのは、「どの学校を選ぶか」という問題です。今住んでいる地域にも合宿制度が取り入れられている自動車学校はあると思われますが、自宅から通うのであれば合宿感も薄れてしまうというもの。できれば遠い地域の自動車学校を選んでみたいというのが本音だと思います。ところが、遠いとなるとその土地の事情も分かりませんし、それではいったい何を基準にして学校選びを進めていけば良いのかという問題になります。当サイトでは、合宿免許の自動車学校選びについて、観光や旅行という観点、そして料金という観点から紹介していきます。